FC2ブログ
2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月


サイトを移行しました。現サイトはアーカイブとして継続してご覧いただけます。
http://bojweb.com

2011.05.11 (Wed)

【2011トーナメント】5/11レポート(代々木第二)

接戦を制した日本大、大東文化大がベスト8
成長の見える神奈川大は秋に期待、慶應大は早慶戦へ


110511NIHON.jpg 試合はベスト8を決める段階に入った。青山学院大法政大を寄せ付けず、94-56で順当にベスト8へ。白鴎大筑波大相手に#30アビブ(3年・C)のインサイドを活かした試合展開とはならず、序盤で差をつけられる。筑波大は1Qからリードで試合を進め、105-70の大差をつけてベスト8へ進出。

 日本大神奈川大は、第1Qの得点こそ互角の立ち上がりだが、ディフェンス、オフェンスとも気迫で神奈川大が押していた。神奈川大は1Q終了のブザーとともに#7古橋(2年・F)がシュートを決めて2点リードすると、2Qも#29田村(2・CF)がインサイドで積極的に攻める。日本大は#4森川(4年・F)や#3石川(3年・G)の3Pで前半を今度は2点リードで終え、3Qで#1坂田(2年・F)のバスケットカウントや#3石川の速攻レイアップ、#37渡部(4年・G)がチームを乗らせる3Pも決めて3Q終了時には7点のリードを奪った。神奈川大は#7古橋の得点が光るものの、エースの#9大山(4年・G)のアウトサイドの当たりがなかなか来ない。

 神奈川大は4Qに入りゾーンを敷くと、日本大の攻撃を停滞させていく。オフェンスでは#8五十嵐(4年・C)のバスケットカウントなどで盛り返し、#9大山のドライブが出て残り2分半で1点差に。ここから互いになかなか点の取れない展開となるが、残り15.7秒で勝負が動く。日本大はシュートチェックにいった#4森川が5ファウルで退場。これで神奈川大#7古橋がフリースローを得て72-71と逆転する。しかし残り9.5秒、神奈川大#0佐藤(4年・G)がマッチアップする#3石川の首に手がかかり、引き倒す格好に。これがアンスポーツマンライクファイルと判定されて、#3石川は得たフリースローを2本冷静に決めて72-73と今度は日本大が逆転。日大ボールで再開したゲームは、神奈川大にチャンスを与えることなくタイムアップ。アグレッシブに攻めた神奈川大だが惜しくも敗れ、これで日本大がベスト8へと進出した。

110511daito.jpg 大東文化大慶應義塾大の対戦も、終始接戦となった。トランジションを基本とする慶應大に対し、大東大はこれを注意していたと言い、互いに激しい攻防となる。1Q、2Qともにつかず離れずで点数では互角となった。後半に入り、流れをつかんだのは大東大。エースの#15遠藤(4年・PG)や#11田中(4年・PG)の3P、#13小原(4年・SG)ら4年生の活躍で最大9点差となるリードを広げていく。慶應大はアウトサイドが決まらない中、大きく離されずについて行き、3Qは4点差にとどめて終えた。4Qに入り#5金子(4年・G)の3Pで1点差に迫り波に乗ろうとするが、#13小原の連続3Pで再び離されると、ミスが続きチームの若さが見える。エース#4家治も#15遠藤の激しいマークで簡単にはシュートを打たせてもらえない。残り21秒で大東大が得たリードは5点。慶應大はファウルゲームを仕掛けるが逆転には至らず78-72でタイムアップ。大東文化大がベスト8へ駒を進めた。互いにミスもある展開だったが、大東大が逃げ切った。慶應大は下級生が多い分、まだチームとしても未完成。1ヶ月後の早慶戦へと切り替える。

写真上:勝利し、喜ぶ日本大。激戦ブロックだけに、次の戦いも厳しさが予想される。
写真下:大東文化大に笑顔が弾けた。今年は4年生の集大成としての期待もかかる。

※日本大・石川選手、大東文化大・田中選手、慶應義塾大・家治選手、法政大・崎濱選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2011トーナメント  |  Top↑

2011.05.11 (Wed)

【2011トーナメント】5/11レポート(とどろきアリーナ)

駒澤大が粘りを見せるが惜しくも敗退
東海大はロースコアを制し、ベスト16へ


110511pui.jpg とどろきアリーナでは、ベスト16入りを決める4試合が行われた。

 今シーズン、同じ2部で戦うことになる駒澤大関東学院大の対戦は、試合時間残り1分を切って1点差となる白熱した展開になった。前半、関東学院大が何度突き放しても、リバウンドで粘る駒澤大が追いすがる。一時は関東学院大が10点以上リードを広げたものの、3Qに駒澤大が連続3Pや息の合った合わせのプレーで流れを掴み反対にリードを奪うと、そこからは一進一退の攻防が繰り広げられた。しかし、4Q中盤で関東学院大は今年入学したセネガル人留学生#1プイ(1年・C・延岡学園)がゴール下で連続得点。駒澤大も#17槇坂(3年・SG)の速攻や#7馬場(3年・PF)のドライブで終了間際に再び1点差まで詰め寄るが、その先が続かずファールがかさむ。ここで関東学院大は#30村田(2年・SF)が得たフリースローをきっちり沈め、追撃を許さなかった。最後に駒澤大がアンスポーツマンライクファウルを吹かれ、万事休す。92-86で関東学院大が逃げ切った。

 東海大日本体育大の対戦は、互いに激しいディフェンスを仕掛けてロースコアゲームの接戦となった。日本体育大は、日筑戦でも活躍したルーキー#12周率(1年・C・大分明豊)がリバウンドやルーズに奮闘してチームを鼓舞。また#23横江(4年・G)や#11北川(2年・F)などガード、フォワード陣のスピードある一対一やスティールも、幾度となく東海大を翻弄した。しかし東海大も慌てず、堅い守りから#24田中(2年・SF)らがよく走りブレイクの形で得点を量産。また#10ザック(1年・C・東海大三)もインサイドで存在感を発揮し、徐々に点差を広げた。終盤には勝負どころでのリバウンドを制し、リードを守り切って69-59で勝利した。

 その他、専修大立教大の対戦は、高確率で外のシュートを沈めた専修大が101-75で逃切り勝利。しかし立教大も個々の能力の高さを窺わせ、点差ほどの実力差は感じさせなかった。また拓殖大は序盤から国際武道大を圧倒し、145-78で快勝。メンバーがほぼ昨シーズンと変わらないだけあって、チームとしての完成度の高さが見られた。

 また、駒澤会場では山梨学院大中央大にあと1点と迫るが、惜しくも届かない白熱した試合も見られた。

写真:パプに入れ替わるように入学してきたプイ。今後新しい大黒柱となるかに注目。

※関東学院大・河野選手、駒澤大・渡邉選手のインタビューは「続きを読む」へ。
EDIT  |  23:40  |  2011トーナメント  |  Top↑

2011.05.11 (Wed)

【2011トーナメント】5/12試合予定

■国立代々木競技場第二体育館
13:00 専修大学 vs 関東学院大学
14:40 中央大学 vs 拓殖大学
16:20 明治大学 vs 早稲田大学
18:00 東海大学 vs 国士舘大学

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:31  |  2011トーナメント  |  Top↑

2011.05.11 (Wed)

【2011トーナメント】5/11結果

■国立代々木競技場第二体育館
神奈川大学72(22-19,18-23,15-20,17-11)73日本大学
筑波大学105(20-16,31-12,30-16,24-26)70白鴎大学
大東文化大学78(20-20,21-19,18-16,19-17)72慶應義塾大学
青山学院大学94(25-9,26-6,20-16,23-25)56法政大学

■駒沢体育館
aコート
中央大学60(11-20,16-8,23-17,10-14)59山梨学院大学
東京成徳大学52(11-16,12-15,12-23,17-21)75明治大学

bコート
國學院大學56(22-23,10-19,10-21,14-21)84国士舘大学
東京農業大学63(12-25,17-19,19-28,15-20)92早稲田大学

■とどろきアリーナ
aコート
専修大学101(32-20,23-15,24-21,22-19)75立教大学
東海大学69(14-17,14-8,15-13,26-21)59日本体育大学

bコート
駒澤大学86(25-25,17-24,26-16,18-27)92関東学院大学
国際武道大学78(15-37,19-34,24-37,20-37)145拓殖大学

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2011トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |