FC2ブログ
2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月


サイトを移行しました。現サイトはアーカイブとして継続してご覧いただけます。
http://bojweb.com

2011.05.06 (Fri)

第46回 日本体育大VS筑波大バスケットボール定期戦レポート

伝統の日筑戦は
日本体育大が4年ぶりの勝利


 5月1日、日本体育大と筑波大の定期戦、通称「日筑戦」が開催された。
 毎年“ニッツク”の名に因み4月29日に開催されるこの定期戦も、今年は震災の影響による延期でこの日程に。開会式では黙祷が捧げられ、義援金などチャリティー活動も行われた。

 本戦の前に行われたジュニアバーシティー戦では、男子・女子共に筑波大が勝利。また女子の本戦では、前半20点以上離された日体大が後半怒涛の追い上げを見せ、4Qで2点差まで迫る白熱した展開となった。だが最後は筑波大が落ち着いて69-73で逃げ切り、4連覇を果たした。

110501_nttop.jpg 男子本戦では日体大が93-81で筑波大を下し、歓喜に沸いた。両チーム共にトランジションの速いゲームを展開したが、リバウンドを制しセカンドチャンスをものにした日体大に軍配が上がった。特に日体大は#21熊谷(3年・F)がダンクシュートを含むチームハイの24得点で勝利に貢献。ルーキーの#12周 率(1年・C・大分明豊)と共にインサイドで存在感を発揮した。シーズンの始まりの大きな1勝は日体大にとって幸先の良い出足となった。

写真:日体大#12周率。1年生ながらガッツポーズで会場を盛り上げる。

※男子本戦のレポート、日体大・横江選手、筑波大・田渡選手のインタビューは「続きを読む」へ。
EDIT  |  01:09  |  その他の試合  |  Top↑

2011.05.06 (Fri)

5/1 東海大学チャリティーマッチ レポート

東海大チャリティーマッチは
白熱した試合展開に
110430_all.jpg 東日本大震災の復興支援のため、東海大学ではチャリティーマッチを企画。現役選手とJBL・JBL2らに所属するOBが集まり、試合と募金活動が行われた。東海大湘南キャンパスの体育館は立ち見が出るほどの盛況ぶりとなった。

 試合は現役チーム対OBチームという形で、12分間×1Qのエキシビジョンマッチ、その後10分×4Qの本戦が行われた。
 エキシビジョンマッチでは、YOUNG SEAGULLSという下級生中心の現役チームと、JBL2選手中心のOBチームが対戦。現役チームには期待のルーキーたちも登場した。試合は現役チームがOB相手に序盤から大幅なリードを奪い、徐々にエンジンの掛かり始めたOBチームから逃げ切って、見事27-23で勝利をあげた。

110430_isizaki.jpg エキシビジョンマッチ後は東海大OBの選手紹介があり、急きょ参加となった#00石崎(06年度卒・bj島根)を含め豪華な顔ぶれが整列。また、陸川監督の挨拶のもと黙祷が行われ、選手、スタッフ、そして満員の観客が静かに祈りを捧げた。

 現役チームSEAGULLS対OBチームの本戦は終始接戦となったが、勝負どころで突き放したOBチームが74-79で勝利。しかし現役チームも試合終了まで諦めない姿勢を見せ、最後の最後まで熱い戦いが繰り広げられた。
 試合終了後は選手たちが観客席にのぼり、募金を呼びかけてファンを見送った。

写真上:集合写真。東海大メンバーと豪華なOB陣が集まった。
写真下:急きょ参加となった石崎。会場を沸かせた。

東海大チャリティーマッチ結果報告(公式サイト)

※SEAGULLS vs SEAGULLS OB戦のレポート、三浦選手、満原選手、坂本選手、多嶋選手、遥選手のコメントは「続きを読む」へ

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:37  |  その他の試合  |  Top↑
 | BLOGTOP |