2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2010.06.30 (Wed)

第68回早慶戦 特集ページを公開

早慶戦という他にない特別な空間で
勝負を制したのは慶應大4年生の強い思い


100606_1.jpg68回目を迎える早慶戦は、久しぶりに日吉記念館が舞台となった。2004年の早稲田記念館での開催を最後に会場を代々木第二体育館に移していたが、時代を経た日吉記念館の趣もまた、伝統ある一戦に相応しい舞台だった。フロアも含め、用意された席は3400。男子戦が始まる頃には満席に加え、立ち見が出る状況は早慶戦では当たり前の光景だ。満員の会場がメインイベントである男子戦の行方を見守った。

立ち上がりは慶應大がリードしたが、二ノ宮の支配力はいつもとは違った。「早慶戦で緊張はしない」と言っていたが、どこか「空回りしていた」ことを自分でも認める。岩下と家治の得点がなければ、苦しい展開だったに違いない。しかも2Q開始すぐでファウル3という予期せぬファウルトラブル。1つ目は軽い接触だったが、2つ目はドライブをしかけた選手にほんの少し手の先が触った程度。3つ目も思わず出した足に相手選手がひっかかってアンスポーツマンライクファウルとなるなど、不運な判定でベンチへ下がることとなってしまう。だが、何年か前の慶應大ならスタメンが下がれば致命的だったが、今やこのチームはそこで大崩れしない。結果を出すことによって少しずつ集まり、層の厚さを増してきた選手たちがそれをカバーした。岩下の得点と、交代した金子、矢嶋もそれぞれ得点して2Qを持ちこたえた。

100606_4.jpg後半になると早稲田大が勢いを増す。3Q開始早々の、相井の2本の3Pは大きかった。トーナメントではほとんど決まらなかったスリーが、連続で決まり慶應大を追い詰めた。早慶戦の対岩下には自信を持つ久保田も好調で、ミスもあって流れが止まりかけながらも、早稲田大は勝負強さを見せた。特に得点では藤原や河上が決めたのが大きいが、「金井の欠場もあってチャンスを得た」(井手)のは確か。藤原の3Pは特に存在感をアピールするには十分だった。金井はトーナメントでケガをした時点で既に早慶戦出場は危ない、というほど重い捻挫だったが、慶應大は出てくると踏んでいた。金井対策に気を取られたために、伏兵の存在にやられた格好だ。

クロスゲームが最後まで続いた後半は、片方が得点を決めるたびに大歓声が会場を揺らした。だが、早慶戦は「普通の公式戦とは全然違う」とどの選手も言うように、どこかいつもと違う重苦しい雰囲気もつきまとう。互いにファウルも、フリースローのミスも多かった。ノーマークで放ったシュートも思った以上にリングから遠く、いつもなら考えられない光景が展開される。勝負は4Q残り5分から動き始めた。二ノ宮にかわり奮闘してきた酒井、岩下の得点が続き残り3分に「最後は人が変わったみたいだった」(佐々木HC)という二ノ宮が酒井へアシストを出し、井手の3Pからのリスタートでノーマークの3Pを決めると、会場の歓声は爆発した。ホームの観客が待っていた瞬間だった。早稲田は久保田がバスケットカウントで返したが、後は慶應大トリオの独壇場となった。残り2分半、11点の得点全てが二ノ宮、酒井、岩下によるものであり、早稲田大はリバウンド争いで慶應大にかなわず最後に井手が3Pを返すのがやっとだった。

100303_3.jpg勝利とともに人ごみに囲まれた岩下は、涙を流しながらベンチに戻った。酒井は笑顔でスタッフや仲間と抱き合う。最後の最後で責任を果たした二ノ宮は天を仰ぎ、顔を覆った。「慶應大でなければこんな経験はできない。本当に良かった」と試合後言ったが、早慶戦の、とりわけ4年生での勝利は特別だ。「本当に勝ちたかった」と岩下は何度も繰り返した。試合は、決していい内容ではなかった。3Pはチームでわずか1本、本来の姿を象徴する速攻も4Qまで出ていない。酒井も蛯名もファウル4となり苦しかった。しかし、「外がダメならほかの方法をと考えた」と酒井。悪い部分を切り捨て、互いの分までやろうとチームはまとまっていた。仲間が支えてくれた恩返しに、二ノ宮も勝負を決めるシュートを放った。互いが互いをカバーしあう姿、それこそが慶應大にかけがえのない勝利を呼んだ。そしてその形こそ、彼らが長年多くのファンを魅了してきた原点の姿でもある。

プライドがぶつかり合う戦いは、今年も多くの見せ場と感動を生み出し、幕を閉じた。

写真上:会場を埋め尽くす観客。これだけの人数を集められるのも早慶戦ならでは。
写真中:3Pを決めてベンチに戻る相井。
写真下:支え合い、勝利を得る姿こそ“トリオ”の称号にふさわしい。


第68回早慶戦特集ページ

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  14:23  |  その他の試合  |  Top↑

2010.06.07 (Mon)

青山学院大学が創部80周年イベントでOBとの交流戦を開催

創部80周年記念 JBL(青学OB) vs 青山学院大 交流戦
日時:2010年6月12日(土)13時30分開場 14時開始
会場:青山学院大学 記念館 (最寄り駅、渋谷または表参道)
入場無料
出場選手は決まり次第発表します

【JBLに在籍中の卒業生】
アイシンシーホース/小宮邦夫(97年卒)
東芝ブレイブサンダース/佐藤賢次(02年卒)
トヨタ自動車アルバルク/岡田優介(07年卒)、正中岳城(07年卒)、熊谷宜之(08年卒)、荒尾 岳(09年卒)、小林高晃(10年卒)
パナソニックトライアンズ/青野文彦(01年卒)、広瀬健太(08年卒)、渡邊裕規(10年卒)
日立サンロッカーズ/山田哲也(02年卒)、佐藤稔浩(02年卒)、大屋秀作(06年卒)
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ/佐藤託矢(06年卒)
リンク栃木ブレックス/竹田 謙(01年卒)
注)出場決定選手ではありません。

648d2c54-s.jpg

出場選手等の詳細が決定しています。詳しくは公式サイトをご覧ください。
青山学院大学バスケットボール部

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:22  |  NEWS・告知  |  Top↑

2010.06.05 (Sat)

第68回 早慶戦のみどころ

勝敗数は早稲田大34勝、慶應大33勝で差は星一つ
慶應大が追いつくか、あるいは早稲田大が引き離すか


100605WASEDA.jpg春最後の大きな試合である早慶戦が、いよいよ目前に迫った。
一般の公式戦とは異なるが、早稲田大と慶應義塾大の定期戦、中でもメインの男子戦は歴史、内容ともに他の追随を許さない盛り上がりと集客数を誇る。早慶の関係者であればこれ以上の高揚感を感じられる試合はなく、そうでなくとも満員の観客の中でバスケットを観戦できるという日本国内で希な空間を体験できる一大イベントだ。そして実力に左右されず全くどちらが勝つか分からないという試合であるからこそ、早慶戦は予想がつかず観客を熱狂させる。

例年、トーナメントの一週間後という難しい開催時期をどう調整するかといったことが課題だったが、今年は早慶戦までの準備期間が長いため少し状況が異なる。よく言われる「トーナメントで順位が上だった方が負ける」というジンクスは、この日程も関係していると思われる。最終日まで高い集中力を持って戦い抜いたチームほど、1週間後の早慶戦に向けての準備や気持ちの切り替えは遅れがちになる。それを示すように2007年にトーナメント準優勝の早稲田大、2009年のトーナメント優勝の慶應大はその事前の実力評価とは反対に、早慶戦では敗れている。個人では切りかえられても、チーム全体の意識統一まで徹底できなければ結果につながらないという事実も見える。今年の春は慶應大がトーナメント準優勝、早稲田大が6位となった。順位はこの際あまり要素としては考えなくてもいいだろう。新人戦を挟んだ3週間弱の練習期間を、両チームがどう生かしたかが結果に表れるはずだ。

昨年、序盤にリードしながら最後に僅差で敗れた慶應大。主将・二ノ宮「大事な終盤の勝負どころでPGとして周りをコントロールしきれなかった」と反省する。大エースを持ち、屈指の攻撃力を誇ったチームが早慶戦という“魔物”に飲み込まれた試合は、彼らの代には初めての敗北だった。「負けてこんなに悔しく、屈辱的なことはない。二度と経験したくない、絶対繰り返さない」と、誰よりもストイックに勝利を追求する二ノ宮に言わせた試合は、勝ちしか知らなかった彼らに早慶戦で負けるという事実がどれだけショックなことか、一つの経験を刻んだ。「ある意味、負けて良かった部分もある」とも言う。反対に、入学から負け続けていた早稲田大の4年生には、昨年は初めて勝利の美酒に酔えた試合でもある。「2007年に1年生だった時はトーナメント準優勝もしていたし、勝てるだろうと受けに入ってしまった。ここまでそういう負け方は見てきているし、昨年のような勝ち方も見たので、挑戦していく姿勢を練習から定着させれば結果に結びつく」早稲田大主将相井は語る。

100605KEIO.jpg慶應大はトーナメントの翌週、二ノ宮・酒井・岩下のトリオが李相佰杯の遠征で1週間不在だった。その影響については「個人的には心身ともに切りかえはできている。体のキレもいい」二ノ宮。チームとしては「4年生が早慶戦の大切さを分かっていて、練習も頑張ってくれている。あとは早慶戦は本当にチーム一丸とならなければ勝てない試合。経験のない下級生が、早慶戦がどれだけ大切なものなのか、その意義を浸透させていくのが残りの日数で大事なこと」と言う。相井「以前は早慶戦に賭けている先輩たちの気持ちが分からなかったけれど、上級生になってくると肌で感じる。理解しなくても感じ取れる大切さが早慶戦にはある」と、それぞれ最上級生としての責任と自覚で試合に臨む。

早稲田大の今期の最大目標は1部昇格。そのためには、早慶戦を大きな踏み台にしたいところだ。相井「トーナメントで最終日まで戦って、自分たちができることもできないことも分かったし、大きな経験になった。慶應大とは対戦できなかったけれど、ここで対戦しなかったことはいい意味でも悪い意味でも経験がないということで、内容は予測できないと思う。そこは思い切ってチャレンジャー精神で戦いたい。慶應大は二ノ宮・酒井・岩下が遠征でいなかったと言っても、あの3人が入ると全く違うチーム。練習時間は関係ない」と言う。一方の慶應大・二ノ宮「早慶戦は例年得点が入らない試合が多い。そこを自分たちの得意な早い展開にどう持っていけるかが勝負。久保田や金井を押さえることが大事」と冷静に分析する。有力選手が多い早稲田大を決して侮ってはいない。

今年は慶應大のホーム開催。しばらく早稲田記念館での開催が続いてたが、2005年からは代々木に舞台を移していたこともあって、久しぶりの慶應大日吉記念館の空気がどうなるか分からない部分もある。だがいずれにせよ、例年通りの盛り上がりになることは間違いないだろう。慶應大の“トリオ再来”(※1)である二ノ宮・酒井・岩下を中心にした慶應大か、相井、井手、金井、平井といった4年生を中心に有力校出身のキャリア豊富な選手が多く集まる早稲田大か、“魔物”が棲む早慶戦を制すのは一体どちらか。

写真上:昨年勝利の早稲田大。井手、金井、久保田といった攻撃力ある選手に加え、ケガから復帰した大塚のゲームコントロールに注目。
写真下:慶應大はトリオに加え、成長著しい3年生の家治やルーキーたちが早慶戦という大舞台で力を発揮できるかどうか。早慶戦は4年生が安定し、支配力を持って周囲を楽にプレーさせられるかどうかが大事だ。


第68回 早慶バスケットボール定期戦開催概要

※1…2004年にリーグ・インカレを制した際の主力、志村雄彦(現bj仙台)・石田剛規(元JBLトヨタ)・辻内伸也(現JBL2豊田通商)は当時“トリオ”と称され大学バスケの一つの顔だった。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  10:33  |  その他の試合  |  Top↑
 | BLOGTOP |