2010年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2010.04.30 (Fri)

【2010京王電鉄杯】3日目

青山学院大学が無敗で首位は変わらず
慶應義塾大学が2位浮上


100429tateyama.jpg3日目を迎えた京王電鉄杯。合宿で抜けていた各主力が戻り、ゲームのペースをアップ。本来のチームの姿が垣間見えてきた。勝敗では依然無敗の青山学院大学が首位を走る。東大戦では1、2年生で一時は接戦に持ち込まれかけたが、振り切った。日本大戦は序盤こそ競り合いだったが、終盤は余裕で日本大に10点差をつける勝利。

慶應義塾大は主将の二ノ宮、岩下が戻り一気にゲームのペースが早くなった。拓殖大を一蹴し、法政大も引き離して1敗を守り2位。

中央大は明治大戦を追い上げて同点に。最後に入戸野がフリースローを得るが、これを2本とも外してタイムアップ。ルールにより延長戦は行わないため、同点で終了し、1敗1分で3位につける。

3位以下はまだ混戦が続く。3勝3敗で拓殖大、日本大、法政大の3校が並ぶ。拓殖大はこの日は良い部分を出せず2敗。日本大も主将の篠山、熊澤が戻って一気にゲームの流れができてきたが、1勝1敗。法政大も1勝1敗として5割の勝率をキープ。

2勝は早稲田大と専修大。早稲田大はこの日は日本大に破れた後、初勝利でここから上げていきたい専修大にも負けて2敗。昨年この大会で1勝しかあげられなかった専修大は、2勝してここから流れを作りたいところだ。

明治大は1勝のみ。主将でエースの金丸が戻ったが、中央大戦で引き分けた後、専修大戦で本来の力を出す前にベンチに下がり、苦戦を強いられた。明治大はまだチームとしての試行錯誤が大きく見える。

全敗の東大は毎試合相手チームを追い詰める部分を見せるが、勝負どころで引き離されるパターンが続く。とはいえ、格下の東大が上位相手に毎日必死の姿をみせているのは賞賛したいところ。最後まで貫いて欲しい。

写真:専修大は初勝利。ここからさらに上を狙いたい。ポイントゲッター館山を中心に、今年は躍進できるか。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  06:22  |  2010京王電鉄杯  |  Top↑

2010.04.29 (Thu)

【2010京王電鉄杯】ROOKIES vol,2

今期デビューしたルーキー第2弾。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:02  |  2010京王電鉄杯  |  Top↑

2010.04.29 (Thu)

【2010京王電鉄杯】4/29結果

100429_1.jpg
青山学院大学 6勝0敗
慶應義塾大学 5勝1敗
中央大学   4勝1敗1分
拓殖大学   3勝3敗
日本大学   3勝3敗
法政大学   3勝3敗
早稲田大学  2勝4敗
専修大学   2勝4敗
明治大学   1勝4敗1分
東京大学   0勝6敗

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  19:35  |  2010京王電鉄杯  |  Top↑

2010.04.29 (Thu)

【2010京王電鉄杯】ROOKIES vol,1

今期も多くのルーキーがこの大会でデビューした。これから4年間でどのような選手に育っていくかを楽しみとしたい。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  08:44  |  2010京王電鉄杯  |  Top↑

2010.04.26 (Mon)

第45回日本体育大学対筑波大学バスケットボール定期戦記念大会

伝統ある定期戦として開催されている日本体育大学と筑波大学の春の一戦が、今年45回目を迎える。この大会は「にっつく」にちなんで毎年4月29日に開催されている。今年は45回目となる記念大会。いつも以上の工夫も凝らされ、記念Tシャツの販売やパンフレットにはOBやOGのインタビューなども掲載予定。
春はプレシーズンの大会で目にできない日本体育大学や、やはり露出の少ない筑波大学の最初の試合を見るチャンスであり、貴重な代々木での試合に賭けるジュニアバーシティゲーム(Bチーム戦)も目が離せない。


本日開催!
10niitsuku.jpg
第45回 日本体育大学対筑波大学バスケットボ ール定期戦記念大会

・開催日:2010年4月29日(木・祝)
・会場:国立代々木競技場第2体育館
・主催:日本体育大学・筑波大学バスケットボール委員会
・入場料:一般・大学\500、中高生\300、団体(10名以上)\300

【タイムテーブル】
10:30 開場
10:40 開会式
11:10 Jr.女子戦
12:55 Jr.男子戦
15:00 女子戦
16:40 男子戦
18:20 閉会式

【当日企画】
・ハーフタイムショー:日本体育大学ダンスサークル「CYPHER」によるダンスパフォーマンス
・記念Tシャツの販売

詳しくは下記公式サイトにて。現在記念Tシャツの詳細や梁川禎浩選手(08年度筑波大卒・現JBLパナソニックトライアンズ)、鹿野洵生選手(09年度筑波大卒・JBL日立サンロッカーズ加入予定)のメッセージも公開中。
http://nittsuku-basketball-festival.com/

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  17:01  |  NEWS・告知  |  Top↑

2010.04.25 (Sun)

【2010京王電鉄杯】2日目

青山学院大が無敗で単独首位
まだまだ未知数な2日目

100425uesugi.jpg主力不在の2日目、青山学院大が無傷の4連勝でトップを走る。そこに拓殖大、慶應義塾大、中央大学が1敗で続く形となった。

青山学院大はまんべんなく人材を使いながら危なげなく勝利を重ねている。

1敗は3校。拓殖大は法政大には引き離されたが、早稲田大に逆転で競り勝った。慶應義塾大は控えで臨んだ東京大戦で激しいプレッシャーに遭い苦戦するが、後半引き離して勝利。また、明治大戦でも一時大きく引き離されたが後半逆転で勝利を収めて2日目は2勝。中央大は青山学院大には大差をつけられたが、日本大戦では粘って逆転勝ち。この3校が1敗で続く。

2勝2敗の5割で続くのは日本大早稲田大、そして法政大。日本大は幅広く人材を使っていることもあって、勝敗だけでは判断しかねる戦いが続いている。早稲田大は初日の慶應義塾大戦に続いて拓殖大戦を接戦で落とす惜しい内容となった。法政大は2日目は2勝。層は薄くなったが全員が例年よりよく動いて思いきりの良さを発揮している。

明治大は初日に不在だったメンバーも戻った。注目のシューターであるルーキーの目(さっか)が確率の良いシュートを決めているが、青山学院大、慶應義塾大といった上位校に苦戦しこの日は2敗。まだ1勝にとどまる。

専修大東京大がまだ勝利がない。昨年の上位校から順に対戦しているのもあるが、ここから巻き返せるか。

次は29日に主役が揃ったチームでの戦いとなる。

写真:早稲田対拓殖大戦。試合終盤に値千金のバスケットカウントを決めた根木を、上杉が笑顔で抱きかかえる。これで拓殖大は勝負を決定づけた。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:14  |  2010京王電鉄杯  |  Top↑

2010.04.25 (Sun)

【2010京王電鉄杯】4/25結果



【4/25】
青山学院大学 4勝0敗
拓殖大学   3勝1敗
慶應義塾大学 3勝1敗
中央大学   3勝1敗
日本大学   2勝2敗
早稲田大学  2勝2敗
法政大学   2勝2敗
明治大学   1勝3敗
専修大学   0勝4敗
東京大学   0勝4敗

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:58  |  2010京王電鉄杯  |  Top↑

2010.04.24 (Sat)

【2010京王電鉄杯】第1日

主力不在の初日は
3連覇中の青山学院大が白星発進


京王電鉄杯が本日初日を迎えた。
初日と2日目は2月~3月に行われていた、育成強化キャンプから選抜された李相佰杯メンバーが合宿のため不在。エースや主将を欠くチームが多い中でのスタートとなった。

初日を連勝したのは毎年春先から仕上がりの早さを見せる青山学院大学、2年生がチームを引っ張る中央大学、そして今季1部昇格の拓殖大学。エースや主将が李相佰メンバーに選ばれて不在の慶應義塾大学、日本大学、明治大学は1勝1敗のスタートとなった。有力新人加入の早稲田大学も1勝1敗で初日を終えた。

今年は関東大学トーナメントの直前開催。大会で同ブロックに位置するチームもあるため、それぞれがどこまで力を出してくるかはまだ分からない。しかし各校エース不在の中でルーキーも思い切りのいいプレーを見せており、この先の期待も高まる。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:31  |  2010京王電鉄杯  |  Top↑

2010.04.24 (Sat)

【2010京王電鉄杯】4/24結果

100424_2.jpg

【4/24】
青山学院大学 2勝0敗
拓殖大学   2勝0敗
中央大学   2勝0敗
日本大学   1勝1敗
慶應義塾大学 1勝1敗
早稲田大学  1勝1敗
明治大学   1勝1敗
法政大学   0勝2敗
専修大学   0勝2敗
東京大学   0勝2敗

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:08  |  2010京王電鉄杯  |  Top↑

2010.04.23 (Fri)

第26回 京王電鉄杯日程

京王電鉄杯は大学バスケットボールのシーズンはじめのプレシーズンゲームとなる大会。京王電鉄沿線の大学に慶應大、早稲田大を加えた10校によるリーグ戦形式で行われる。強豪校はもちろん、今期1部入りする明治大、拓殖大も含めて有力校の春の仕上がり具合を見るに絶好の大会となっている。

【日程と組み合わせ】
4/24(土)
10:00~ Aコート東京大-拓殖大  Bコート中央大-慶應大
11:40~ Aコート専修大-青学大  Bコート早稲田大-明治大
13:20~ Aコート法政大-中央大  Bコート日本大-東京大
15:00~ Aコート慶應大-早稲田大 Bコート拓殖大-専修大
16:40~ Aコート明治大-日本大  Bコート青学大-法政大

4/25(日)
10:00~ Aコート明治大-青学大 Bコート拓殖大-法政大
11:40~ Aコート東京大-慶應大 Bコート日本大-専修大
13:20~ Aコート早稲田大-拓殖 Bコート青学大-中央大
15:00~ Aコート法政大-専修大 Bコート慶應大-明治大
16:40~ Aコート中央大-日本大 Bコート早稲田大-東京大

4/29(木)
10:00~ Aコート中央大-明治大  Bコート青学大-東京大
11:40~ Aコート慶應大-拓殖大  Bコート早稲田大-日本大
13:20~ Aコート東京大-法政大  Bコート明治大-専修大
15:00~ Aコート日本大-青学大  Bコート拓殖大-中央大
16:40~ Aコート専修大-早稲田大 Bコート法政大-慶應大

5/1(土)
10:00~ Aコート日本大-法政大  Bコート専修大-中央大
11:40~ Aコート早稲田大-青学大 Bコート東京大-明治大
13:20~ Aコート慶應大-専修大  Bコート拓殖大-日本大
15:00~ Aコート中央大-東京大  Bコート法政大-早稲田大
16:40~ Aコート明治大-拓殖大  Bコート青学大-慶應大
※第三試合終了後にスリーポイントコンテスト

5/2(日)
9:30~ 東京大-専修大
11:10~ 法政大-明治大
12:50~ 中央大-早稲田大
14:30~ 慶應大-日本大
16:10~ 拓殖大-青学大
※第三試合終了後にダンクコンテスト

【場所】
トヨタ府中スポーツセンター(府中市北山町3-5-1)
JR中央線「西国分寺」駅より徒歩15分
「西国分寺」「国立」駅より車で5分
京王線府中駅よりちゅうばす「北山町循環」で「療育センター前」または「武蔵台文化センター西」下車目の前
同じく府中駅より京王バス「第七小学校循環」で「JAマインズ北山前」下車徒歩5分

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:46  |  2010京王電鉄杯  |  Top↑

2010.04.17 (Sat)

第68回 早慶バスケットボール定期戦

春シーズンの締めくくり、早慶戦の日程が発表になった。今年は久しぶりの慶應義塾大ホーム開催となる。かつては早慶両校で、また近年は代々木第二に舞台を移して行われてきたが、久しぶりのホーム&アウェイでの盛り上がりが期待できる。
今期は春シーズンが新人戦まで含めて5月に凝縮されているため、早慶戦はまさに春最後の大一番。今年も熱い戦いが繰り広げられることだろう。


10sokei.jpg
第68回 早慶バスケットボール定期戦
2010年6月6日(日)
慶應義塾大学日吉記念館
東横線ほか「日吉」駅より徒歩すぐ。

9:30~男子Bチーム戦
10:30~OG戦
11:30~OB戦
12:30~開会式
13:00~女子戦
14:50~男子戦
16:30~閉会式

【入場料】
中学生以上/1000円(前売り700円)
小学生以下/無料

前売り券は慶應義塾大学早稲田大学両校のHPにて発売中(6月4日まで)。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:08  |  NEWS・告知  |  Top↑
 | BLOGTOP |