2008年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.07.13 (Sun)

第1回 慶應義塾大学VS延世大学バスケットボール定期戦

今年創立150周年を迎える慶應義塾大は、かねてより海外協力校として大学同士の交流がある韓国・延世(ヨンセ)大学とのバスケットボール定期戦を開催することとなった。

延世大学は「韓国の慶應大学」とも称される名門私立大学で、ライバルの高麗大とスポーツで「延高戦」と称される日本の早慶戦に似た催しも行っているなど、共通するものがある。もちろんバスケットでも強豪校であり、韓国代表選手も多く排出してきた。また、MBC杯全国大学バスケットボール大会では2003年から2006年まで4連覇、今年もベスト4に入っている。
慶應大は昨年事前の交流も兼ねて韓国遠征を行った。今後は日本と韓国で交互に定期戦を行う予定。

期日:2008年8月11日(月)
場所:国立競技場代々木第二体育館
入場:無料

14:30~ 慶應義塾高校・慶應義塾志木高校・慶應義塾湘南藤沢高校による紅白戦
15:40~ 開会式
16:30~ 試合開始
18:00~ 閉会式
慶應義塾大学体育会バスケットボール部

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  17:46  |  NEWS・告知  |  Top↑

2008.07.13 (Sun)

早慶戦ページ公開


早慶戦特集ページを公開しました。
第66回早慶戦特集ページ

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  17:35  |  NEWS・告知  |  Top↑

2008.07.06 (Sun)

第12回全日本男子学生選抜バスケットボール大会最終日

最終日は男女AB各ブロックの同順位同士での対戦が仙台市体育館であり、関東選抜が関西選抜の猛攻をしのいで優勝。女子は同じく関東と関西の対戦となったが、大接戦で延長の末に関西選抜が2点差で劇的な勝利をあげた。


【男子最終結果】
優勝  関東選抜
準優勝 関西選抜
3位  東海選抜
4位  九州選抜
5位  東北選抜
6位  北信越選抜
7位  中国選抜
8位  北海道選抜
9位  四国選抜

最優秀選手賞 荒尾 岳(関東選抜・青山学院大4年)
敢闘賞    平岡 明(関西選抜・大阪学院大4年)
優秀選手賞  伊原栄輔(東海選抜・愛知学泉大4年)
       入江陽介(九州選抜・九州産業大4年)
       須田祥任(東北選抜・東北学院大4年)
       井上浩太(北信越選抜・信州大学4年)
       竹谷周祈(北海道選抜・札幌大学4年)
       遠藤祐希(四国選抜・愛媛大学3年)

結果詳細は下記東北学連の08学生選抜結果ページへ。
東北学生バスケットボール連盟


男子1位、関東対関西のレポートと関東選抜荒尾選手、川崎選手のインタビュー、写真は「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  19:39  |  その他の試合  |  Top↑

2008.07.05 (Sat)

第12回全日本男子学生選抜バスケットボール大会2日目

全日本男子学生選抜バスケットボール大会はABブロックに別れたリーグ戦の2日目が行われた。例年、実力的に抜きんでているのは関東選抜。ここに他地方がどこまで迫ってくるかが見所になる。

東海選抜70(19-29,20-27,15-22,16-23)101関東選抜
080705ma.jpg初日、東北に大差をつけて勝利した東海選抜。センターに#12ママドゥ・ディエイ(浜松大3年)を据え、どのようなプレーをするのか注目となった。試合は立ち上がりこそ#13千田(愛知学泉3年)の3Pや#14伊原(愛知学泉4年)のシュートでリードするが、関東選抜も#11神津(法政大3年)、#14川崎(明治大3年)の連続3Pで追い上げると#9渡邉(青山学院大3年)の好ディフェンスでミスをあおり、#4荒尾(青山学院大4年)がダンクでシュートを押し込むと1Qで差がついた。インサイドでも#4荒尾が#12ママドゥに対しよく守り、ペイント内では簡単にプレーさせない。なんとか打開したい東海選抜は4Qに#5並里(中部学院大3年)を投入するが、流れは変わらず関東選抜が勝利した。関東選抜は初日に足を痛めた#8鈴木(専修大4年)と#10小林高晃(青山学院大3年)を温存したがそれでも余裕の勝利を収めた。
写真:ママドゥとマッチアップする関東選抜・荒尾。



関東選抜84(28-22,15-17,21-24,17-23)83東北選抜
080705suda.jpgダブルヘッダーの2戦目、立ち上がりから東北選抜のシュートタッチは良かった。#5須田(東北学院大4年)が世田谷学園の後輩でもある#9渡邉からスティールで速攻を決めると、ミドルシュートを沈め、#11柴田(東北学院大3年)、#13二田(ノースアジア大4年)らのシュートが連続で決まり、#8関野(東北学院大4年)も1on1から連続でシュートを決める。関東選抜は#14川崎が早々にファールトラブルに陥り、温存していた#10小林高晃をコートへ。そこから#11神津らの得点で差を広げるものの、アウトサイドの当たった東北選抜に追い上げられて1Qを終える。一試合目の東海戦では入った関東のアウトサイドがこの試合では低調。2Qに入っても調子が上がらずことごとくリングに弾かれる。一方東北選抜は#8関野、#11柴田らがきっちりとシュートを沈めて関東に対し4点差まで追い上げて前半を終えた。

なんとかシュートを修正したい関東選抜だが、3Qもミスが続く、ゴール下では#15シェルノ(青森中央学院大2年)が粘って守る。#12野上(岩手大4年)のシュートで遂に逆転した東北選抜。しかし関東は#4荒尾のバスカンに#9渡邉がスティールからシュート、#5富田(筑波大4年)のミドルなどで立て続けに得点するとまた11点差にまで開く。しかし東北もあきらめない。#8関野、#12野上、#13二田ら取るべく選手が点を取って7点差。関東は#12落合(法政大3年)がブザーとともに放ったシュートが認められず、7点差で4Qに突入した。

4Qは追いつ追われつの展開となった。関東が引き離せば東北が追い上げる。関東のアウトサイド確率が上がらないのと反対に、東北は大きくワイドにパスを裁いてディフェンスが追いつかない間に次々と3Pを決めてくる。残り3分、5点差とした関東選抜だが、#11柴田に3Pを決められ3点差。関東選抜はシュートを決められずターンオーバー、ファールが続く。それでも関東が粘って2点のフィールドゴールを生むが、東北が3Pで返し、1点ずつ追い上げる。#11神津のシュートで84-81とした関東。しかし東北は#11柴田のフェイダウェイシュートが決まり残り18秒で84-83の1点差にまで迫った。最後のオフェンス、#6安部(東海大4年)のパスを受けた#13小林大祐(慶應義塾大3年)のシュートは惜しくもリングに弾かれる。しかし東北選抜もリバウンドを取りきれずタイムアップ。関東選抜を追い上げたが最後は惜しくも破れた。
写真:東北選抜をコントロールする東北学院大・須田。

これにより、決勝はAブロック1位の関東とBブロック1位の関西の対戦となった。

試合の写真は「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  10:30  |  その他の試合  |  Top↑

2008.07.04 (Fri)

第12回日本男子学生選抜バスケットボール大会

日本9地区に分かれ選抜チームの技術力向上、バスケットボールの普及・発展のため開催されてきた学生選抜大会。今回は女子と同時開催で仙台にて開催となった。

第12回日本男子学生選抜バスケットボール大会
2008年7月4日(金)~7月6日(土)
仙台市体育館
入場無料

■関東選抜メンバー
#4荒尾 岳(青山学院大4年)
#5富田卓弥(筑波大4年)
#6安部 潤(東海大4年)
#7綿貫史宏(順天堂大4年)
#8鈴木正晃(専修大4年)
#9渡邉裕規(青山学院大3年)
#10小林高晃(青山学院大3年)
#11神津祥平(法政大3年)
#12落合知也(法政大3年)
#13小林大祐(慶應義塾大3年)
#14川崎紘史(明治大3年)
#15岩下達郎(慶應義塾大2年)

Aブロックの関東選抜は初日中国選抜、北海道選抜と対戦。どちらも快勝で2日目は東海選抜、東北選抜と対戦する。

各地域の代表と試合日程は下記東北学連にて。
東北学生バスケットボール連盟

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:20  |  NEWS・告知  |  Top↑
 | BLOGTOP |